眼瞼痙攣 の 重症度

眼瞼痙攣の 軽症 中等症 重症 分類

眼瞼痙攣には、重症度分類があります。いくつかの評価スケ-ルが存在するのですが、簡単に言うと、「軽い症状」「中等度の症状」「重い症状」に分けられます。

軽症とは、正常ではない、と自覚されるものの、日常生活や仕事にさほどの支障がないものを言います。

中等症とは、日常生活や仕事に明らかに支障を感じるが、ゆっくり行動すれば、なんとか生活や仕事ができるものを言います。

重症とは、まぶたが閉じてしまって、物が見えなくなったり、危険を感じたり、仕事の遂行が困難となり、休む必要がでてくるものを言います。

中等症、重症には、治療して生活や仕事の困難を軽減改善する必要があります。また、軽症の方でも、少量のボトックス治療が症状の軽減改善に大きく役立つことが多いので、お勧めする場合があります。

詳しくお知りになりたい方は、インタ-ネット検索エンジンで「眼瞼痙攣 重症度分類」を検索すると、さらに詳細な医学情報を手に入れることができます。

<<前のペ-ジに戻る

次のペ-ジに進む>>