眼瞼痙攣 の 症状

眼瞼痙攣 の 症状

まとめて一言で表現すると、「以前には感じなかった目の不調すべて」が、症状になります。個別に示してみると

まぶたの形が変わった

上のまぶたが下がる、というだけではなく、上下のまぶたの幅が狭まる、しかめ面に見える、強いまばたきが増える、眉が下がる、まぶたの皮膚に皺が増える、という以前とは明らかに違う自分の顔の変化に気付きます。家族から指摘されて気が付くことも多く、昔の写真と比べてみると、自分でもはっきり違いが分かります。

目が乾く

自覚症状として多いもので、このため、ドライアイと診断・治療されることがしばしばあります。

目が痛い

これも多くみられる自覚症状で、医師が診察したときには、眼には大した異常所見がなく、はっきりとした病名を告げられないまま、ということがしばしばあります。

光がまぶしい

まぶしくて、目を開けているのがつらい。目を閉じている方が楽である。これもよく見られる症状です。

上のまぶたを手の指で持ち上げて物を見る

眼瞼筋が強く収縮して、継続してまぶたが開きにくくなると、手の指で持ち上げて見るようになります。この状態がさらに悪化すると、作業中に物が見えなくなる、歩いていて、電柱にぶつかる、つまづいて転ぶ、という生活上の深刻な不自由に苦しむことになります。

<<前のペ-ジに戻る

次のペ-ジに進む>>