ボトックス注射は 痛いか

ボトックス注射は痛い。痛くない。 (個人差があります)

ボトックス注射の痛みは、注射針を刺すときの痛みである、と考えられています。薬液は、浸透圧、pHともに痛みを生じるものではなく、針を皮膚に刺す操作が痛い、と医学的に考えられています。

ツベルクリン注射に用いる針よりもずっと細い、30G(ゲ-ジ)の注射針を用いてきました。最近、さらに一番細い32Gの注射針が販売され、この製品は、驚くほど痛くなく、また出血を起こす頻度がきわめて低く、いまでは32Gのみを使用しています。医師によっては、細すぎて使いにくい、と30Gを推奨する方がいますが、技術で、上手に使うことができると私は考えて使っています。痛みは個人差がかなり大きく、それほど痛みを感じない方がいる一方、すごく痛いと訴える方がいます。32Gに代えてから、痛みについてお伺いすると、みなさま、痛みが減った、刺したことが分からない部位もある、と言われますので、これが正解だと考えます。

経験したエビデンスから検討した結果、痛みを少なくするには、切れ味のよい針を用いる。(一流メ-カ-品を用いる。)途中で針を新品に取り換える。針を力強く刺すのではなく、丁寧に柔らかく針を進める。局所麻酔薬を皮膚に塗る。氷で冷却する。という方法があります。手間をかけて工夫しただけの効果は確かにあり、喜ばれます。

<<前のペ-ジ

次のペ-ジ>>